雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

健康診断では分からない!ダイエットで隠れ貧血になっているかも

健康診断では分からない!ダイエットで隠れ貧血になっているかも
健康診断では分からない!ダイエットで隠れ貧血になっているかも

野菜中心の一見ヘルシーな食生活、健康診断では異常なし。それなのになんとなくいつも不調…。それはもしかしたら「隠れ貧血」が原因になっているかもしれません。
野菜をたっぷり食べてヘルシーな食事を心がけているつもりでも、何かしら不足する栄養素があれば体にはさまざまなデメリットがもたらされます。栄養バランスを無視したダイエットでは、体重が落ちても健康面や美容面で良いことがないのは言うまでもないこと。そして、ダイエットの結果がなかなか出ないということもにもなってしまいます。
知らず知らずのうちに隠れ貧血になっていないかをチェック!

【contents】

「隠れ貧血」かも?症状をチェック!

□朝なかなか起きられない
□めまいがする
□集中力が持続しない
□体が冷えやすい
□いつも体がだるい
□首・肩こりが解消されない
□午後になると眠くなる
□頭が痛かったり、重い感じがしたりする
□いつの間にかあざができている
□唇の皮がむけていることが多い
□脚がむずむずする

こうした項目に複数当てはまる場合、「隠れ貧血」になっている可能性があります。
一般的に貧血といえば、血液中の赤血球に含まれる鉄分であるヘモグロビンが不足している状態を指し、会社や自治体などの健康診断で行われる血液検査でも値を確認することができます。ヘモグロビン値が基準値以下の場合に貧血と診断され、そうでなければ異常なしとされます。

一方隠れ貧血とは、健康診断では問題なしとされながら、貧血の症状が現れる状態のこと。なぜこのような状態になるのかというと、健康診断の血液検査では項目のない「血清フェリチン値」が低いことが一因。健康診断では分からず、病院を受診し貧血の血液検査を受けることで判明します。

健康診断では分からない、鉄のストック不足

人間の体内にある鉄は、約70%が血液中のヘモグロビンや筋肉中のミオグロビンに存在し、残りの約30%は主に肝臓や脾臓(ひぞう)、骨髄などに「貯蔵鉄」としてストックされています。例えていうなら、血液中の鉄(ヘモグロビン)は、財布に入っているすぐに使えるお金で、貯蔵鉄は必要な時に引き出す預金のようななもの。この貯蔵鉄が、鉄を結合して貯めておくためのフェリチンというタンパク質です。

ヘモグロビンは全身の細胞に酸素を運び、体内の組織に溜まった二酸化炭素を回収する役割を持っています。この機能を保つために、血液中の鉄が不足した場合にはまずストックである貯蔵鉄が使われ、ヘモグロビンを維持しようとします。

貯蔵鉄が使われてストックが減る=血清フェリチン値が下がるということなので、この状態が続くと隠れ貧血の症状が現れます。

鉄不足はダイエットの大敵

さらに鉄の不足が続き貯蔵鉄も尽きると、ヘモグロビンが維持できなくなります。ヘモグロビン値が低い貧血というのは、体内の鉄が枯渇している深刻な状態ということになります。

鉄不足により酸素が全身に十分に行き渡らないことで筋肉や内臓の働きが低下し、基礎代謝が落ちてしまいます。基礎代謝が落ちるということは、それまでと同じ食事量でも太ってしまい、運動をしてもやせにくい体になってしまうということです。
体内で熱を産生する力も低下するので、平熱が下がったり冷え性を招いたりなどの症状が現れます。体の冷えはむくみの原因となりますから、ダイエットの大敵です。

隠れ貧血を改善するには?

隠れ貧血を予防・改善するためには、日頃の食生活を整えることが何よりも大切です。
鉄は大きく分けて「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類があります。ヘム鉄は動物性食品に含まれ、体への吸収率は10~20%、非ヘム鉄は植物性食品に含まれ、吸収率は1~6%とその差は大きいです。鉄を積極的に摂取したい場合は、ヘム鉄の多い動物性食品を食べるほうが効率的です。

【ヘム鉄が豊富に含まれる食材】
豚・牛・鶏のレバー、赤身の肉、マグロ、イワシ、カツオ、アジ、かき、あさりなど

【非ヘム鉄が豊富に含まれる食品】
切干大根、小松菜、ほうれん草、枝豆、納豆、海藻類、パセリなど

鉄の吸収をサポートする食品

鉄を多く含む食材だけを食べるのではなく、鉄の吸収率を高める食品や、造血に必要な栄養素が含まれる食品を一緒に食べることで、より効率的に鉄を体にチャージすることができます。
吸収率を高めるビタミンCが多く造血に必要な葉酸も含むブロッコリー、サニーレタス、小松菜、ほうれん草、苺、かんきつ類などは特におすすめです。

ビタミンB12は造血に必要な栄養素で、肉、魚、貝類、卵、チーズなど動物性タンパク質や海苔に多く含まれています。野菜ばかりを食べていては不足してしまう栄養素です。いろいろな食品をバランスよく食べ、貯蔵鉄を増やすことを意識しましょう。

サプリメントで補うのもアリ

 

食事だけで十分な鉄を摂取するのが難しい場合は、鉄や葉酸などのサプリメントを利用するのも良いでしょう。特にダイエット中の場合は食事量が減り不足しがちになりますので、必要な栄養を摂ることを意識してください。既に貧血の症状が強く現れている人は、決して放置せず病院を受診しましょう。

関連記事
E-ヘルスネット https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-022.html

日本臨床検査専門医会 https://jaclap.org/guests/common_no403/
埼玉医科大学 http://www.saitama-med.ac.jp/lecture/materials/51-H2106-2.pdf

今回のまとめ

健康診断で貧血ではないと診断されても、実は隠れ貧血だったというのは女性にとても多いです。
診断結果がどうであれ、隠れ貧血の症状があり不調を感じている場合は医療機関を受診することをおすすめします。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます

人気記事ランキング

  • サニーヘルス公式オンラインショッピング
  • サニーヘルス 口コミ・レビュー

画像で記事を探す

  • あの元総理も14kgやせた!朝スープカレーダイエット
  • やせないのはストレスのせい?自律神経を整えてスムーズにやせる方法
  • タンパク質を意識した「筋肉飯」で、太りにくい体を手に入れる!
  • 「食べても太らなそうに見える人」が普段からしていること
  • テレワーク太り解消は朝の行動がキモ
  • 糖質制限は腸内環境を悪化させ太りやすくなる?
  • 実はすごい!海苔の美容とダイエット効果
  • 2022年お正月太りアンケート集計結果発表!30-40代の70%以上がお正月太りに!!
  • ダイエット中は空腹をガマンせずに食べるべき!?
  • 糖質は制限するより選ぶ!食べてやせるダイエット!
  • 脇肉がつくのはスマホが原因?自宅でできる脇肉のケア
  • 冷えが病気の原因に?温活で不調を改善してダイエットも効率化
SSL グローバルサインのサイトシール