雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

早起きの必要なし!今まで通りの睡眠時間でできる朝活ダイエット

モーニングルーティンというのは誰にでもあるもの。
モーニングルーティンというのは誰にでもあるもの。

「朝活」というと、早起きをして読書や運動など何か特別なことをするもの、という少しハードルが高いイメージがあるかもしれません。ただでさえハードルが高めなのに「朝活ダイエット」というワードであれば、なおさら難しいように思えるかもしれません。
ですが、モーニングルーティンというのは誰にでもあるもの。起きたらスマホを見る、朝食を取る、植物に水やりをするなどの毎日の行動も、広い意味では朝活の一種。
今回提案する「朝活ダイエット」では、朝から筋トレやランニングをするなど、何かスペシャルなことをする必要はありません。睡眠時間はこれまで通りに、朝の習慣にちょっとした変化を加えるだけ。どんな行動を取り入れることで朝活ダイエットができるのかを解説します。

【contents】

深呼吸をする

深い呼吸でしっかりと酸素を体に入れることは、脳と体を活性化し、代謝を上げる効果があります。

起きた瞬間から簡単にできる朝活が深呼吸です。目が覚めたら、まずはそのまま鼻からゆっくり息を吸い口から吐く深呼吸をします。深い呼吸でしっかりと酸素を体に入れることは、脳と体を活性化し、代謝を上げる効果があります。
朝のほんの数分間の静かな時間を持つことで、ストレスの軽減や集中力の向上も期待できます。メンタルが安定し食欲のコントロールを正常にしてくれるので、ドカ食い防止にも役立ちます。

コップ1杯の水を飲む

朝起きたらすぐに失った水分の補給をしましょう。

汗の量には個人差がありますが、睡眠中はおよそ200〜500mlもの汗をかいていると言われています。 朝起きたらすぐに失った水分の補給をしましょう。
冷たい水は体への吸収がスピーディーですが、胃腸に優しく代謝を上げてくれるのは温かい水。白湯か体温程度の温かい水をコップ1杯以上飲みましょう。体が内側から温まり血流が良くなり、体内の代謝が活性化され消化器官の働きがサポートされます。また、腸を刺激してぜん動運動を促し便通を良くする効果もあり腸活にも効果的。

外に出て歩く

通勤や通学で歩く際は少し早歩きを意識することで運動強度が高まり、下半身の筋肉の強化し消費カロリーを増やすことにつながります。

リモートワークが増えたことで通勤は楽になった反面、足を動かす時間が減ってしまい在宅太りが話題になったように、通勤や通学などの移動時間は貴重な運動時間でもあります。
通勤や通学で歩く際は少し早歩きを意識することで運動強度が高まり、下半身の筋肉の強化し消費カロリーを増やすことにつながります。
通勤・通学のない人の場合は、朝のウォーキング時間を設けてみてはいかがでしょう。気分をリフレッシュさせ、体を活性化して代謝を上げるのに最適です。近所を10〜15分ほど歩くだけでも十分です。ウォーキングは脂肪燃焼を促進し、ストレスを軽減するのにも役立ちます。
朝日を浴びることはダイエットにも意味があり、日光を浴びることで体内時計は正しく動き、体の各機能が適切に働きます。朝日は幸せホルモンのセロトニンの分泌にも関与しており、適切に分泌させるには午前中に15〜30分程度日光を浴びることが有効。朝の光はダイエットだけでなく、メンタルケアにも作用しているのです。午前10時頃までであれば紫外線量も少ないので、肌へのダメージがそれほど多くないというメリットもあります。

関連記事
PLOS ONE https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0092251
全国健康保険協会 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h30/2018042602/

今回のまとめ

生活リズムを変えなくても、毎朝のルーティンに少し変化を加えるだけで朝活ダイエットは叶います。
こうしたちょっとした習慣だけでも体調や体重にも変化は現れるでしょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます

人気記事ランキング

  • サニーヘルス公式オンラインショッピング
  • サニーヘルス 口コミ・レビュー

画像で記事を探す

  • ダイエット中のギルトフリーなスイーツはどう選ぶ?
  • 健康に良いはずのあの飲み物がダイエットにはNG?避けるべき飲み物とは
  • 海外セレブに人気!サートフードダイエットとはどんなもの?
  • 体内時計に合わせて食べればダイエット効果が上がる?
  • ハードな運動よりもやせる?がんばらないダイエット「NEAT」で楽やせ!
  • やせないのはストレスのせい?自律神経を整えてスムーズにやせる方法
  • 鶏胸肉やサラダチキンだけじゃ筋肉は付かない!一緒に摂るべき栄養素とは?
  • インナーマッスルを鍛える「ドローイン」でぺたんこお腹になる!
  • 効率的にダイエットできる!スポーツのカロリー消費ランキング
  • 美肌・美腸には骨のスープ「ボーンブロス」が効果的
  • ゆるベジタリアン「フレキシタリアン」で体すっきりダイエット!
  • 体を整えダイエットにも効果的な「お粥ダイエット」の方法
SSL グローバルサインのサイトシール